有明のお店まで行けず出張マッサージ

子どもを連れて、マッサージに行く事はできないので、出張マッサージをお願いしました。最初、子どもがマッサージ師の方を不思議そうに見てましたが、次第に慣れて、あとは、私が癒されるばかりでした。
布団を敷いて、バスタオルを用意して、マッサージをしてもらいました。マッサージ屋での穴あきベッドではないので、首の角度が心配だったのですが、関係なかったです。とても気持ち良く出来ました。
初めて、出張マッサージをお願いした時はちょっと抵抗があったのですが、一度するととてと楽なので、週一くらいでしばらくお願いしてました。子育て中に首と腰を痛め続けていたので、楽になりよかったです。腰以上に、首の痛みがとても酷かったのですが、やはりマッサージをしてもらう事で落ち着きました。マッサージ師の方も毎回同じだったので、話も沢山していました。料金も保険を使う事が出来たので、とても助かりました。保険を使う場合は、整形外科などの先生に診断書を書いていただく必要があったのですが、診断書さえ手に入れれば、保険を使えて、安く済ませれる。とてもありがたかったです。今はもう、あの時ほどひどい痛みがないので、出張マッサージではなく、近所のマッサージ屋さんまで行ってます。

有明のおしゃれなカフェめぐり

カフェめぐりが共通の趣味の友人とお台場を訪れた際に、個性派のカフェの多さが印象に残りました。
ほかにはない魅力を感じたカフェのひとつが、武蔵野大学の有明キャンパス内にあるロハスカフェARIAKEです。大学の学食ですが、一般利用もできると聞いて訪問しました。緑溢れる美しいキャンパスを歩いていると、カフェの入っている3号館の建物が見つかりました。ロハス、というとあっさり系の料理が多いイメージだったのですが、パスタやラザニアなどもありました。私が注文したのは、タコライスです。白米ではなく、雑穀米を使っているあたりがヘルシーだな、と感じました。生パスタが好きな友人は、トマトソースの生パスタをチョイス、パスタの食感をしきりに褒めていました。最近は、一般客も使えるおしゃれな学食が増えていると聞きますが、自分の出身大学以外の学食を実際に利用したのは、ロハスカフェが初めてで、貴重な体験をできて良かったです。
もうひとつ、散策途中の足休めに利用したカフェが、ドリップアンドベイクアリアケです。有明セントラルタワーの1階にある、解放感のあるカフェで、布張りのチェアの座り心地が抜群だったのを今も覚えています。カプチーノのアートも美しく、素敵な空間で素敵なドリンクを飲みながら、ほっとひと息つけました。
有明には、初訪問でも使いやすい、おしゃれなカフェが点在していて、すっかりお気に入りのエリアになりました。

トップページに戻る